FC2ブログ

龍が如くシリーズの新作とリメイクが発表された話

 今、東京ゲームショウとやらをやっているようで、色んなゲームの新作タイトルが発表されている。

ブログにゲームの話が続いているのもそれが原因なんだけど、今回もまた新作ゲームの話。

今回は、SEGAの龍が如く最新作について。

龍が如くと言えばヤクザアクションゲーなんだけど、最新作の7で何を血迷ったのかヤクザRPGになったことで話題となった。

 昨日の発表会では、3つのタイトルが発表された。まず目玉は、龍が如く8が2024年に発売されることが発表された。

まだ公式サイトがないので、公式ツイートを引用。



0〜6までの主人公である桐生一馬と7の主人公である春日一番のW主人公で、ゲームジャンルは7と同じRPGとのこと。

 次に、龍が如く7外伝 名を消した男が2023年に発売されることが発表された。



桐生一馬が主人公のアクションゲーのようで、ゲームボリュームは外伝だからか通常作の半分程度らしい。

 最後に龍が如くのナンバリング作品ではないんだけど、龍が如く維新のリメイク、龍が如く維新!極

こちらは公式サイトも出来ているようでそちらを紹介。

『龍が如く 維新!極』 公式サイト|SEGA

なぜこれを一番最後に紹介したかというと、実は龍が如くシリーズの中で、龍が如く維新が一番好きだからだ。

ストーリーも新選組を軸に良く出来ていて、アクションも武器によって違った爽快感が味わえ、操作性も悪くない。そして何より、龍が如く至上最高のミニゲーム「競鶏」が遊べる。

ただ、龍が如く維新は、PS3からPS4の移行期に発売されているため、今の時点でPS4で遊べる。なので、PS2からPS3や4にリメイクされた龍が如く極より、グラフィックの進化への感動は薄く、リメイクする意味はあまり無いように感じる。

でも、個人的には一番好きな作品なので、維新極を買うか、維新を買ってプレイしてもらいたい。ではまた。


スポンサーリンク

ドラクエ10オフラインがついに発売された話

 国民的ゲームであるドラゴンクエスト。そのナンバリングの中で唯一オンラインゲームとしてリリースされたのがドラゴンクエストⅩだ。
そのドラゴンクエストⅩのサービス開始から10年の時を経て、オフライン版のドラゴンクエストⅩが本日9月15日に発売された。


俺は、ナンバリングタイトルは全部クリアしていたが、Xはオンラインということでプレイしたことが無かった。
そういうドラクエファンって結構いると思うので、ある程度売れるのではないだろうか。
ドラクエはドラクエなんだろうけど、オンラインがベースにあったこと、そしてそれをオフラインにすることでどういったゲームになっているのか凄く楽しみだ。
来年春には追加コンテンツも配信されるとのことで、追加コンテンツを含めたデラックス版を予約購入してみた。
ただ、この追加コンテンツは、眠れる勇者と導きの盟友というタイトルが付いているが、これが、今日発売のドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族の続編なのか、全く関係ないストーリーなのかよくわかっていない。
それと気になるのが、追加コンテンツがあるということは、目覚めし五つの種族はクリアまでそんなに時間がかからないストーリーなのだろうか。そして今後も別の追加コンテンツを販売していくのだろうか。
プレイしていない現時点ではちんぷんかんぷんである。
まあ、よくわかってない状況ではあるんだけど、その状態でプレイするのも楽しみだったりするんだけどね。
早速今日からプレイしてみるので、気が向いたらまたブログに書こうと思う。ではまた。

スポンサーリンク

超探偵事件簿 レインコードが楽しみな話

 Nintendo Switch等の最新作が公表されるNintendo Direct 2022.9.13が昨日配信された。


その中で、ダンガンロンパチームが手がける最新作、超探偵事件簿 レインコードが来春発売予定であることが発表された。


個人的には裁判ゲーが好きで、逆転裁判やダンガンロンパは全シリーズクリアしている。


この作品は、昨年のダンガンロンパ10周年で開発されていることが発表され、今回発売予定日が明らかとなった形だ。
一体どんなゲームになるのか、今からワクワクしている。
個人的には、ダンガンロンパのウリであるアクション性が裁判の邪魔になることがあったので、そういったアクション要素を無くす機能があればありがたいと思う。ではまた。

スポンサーリンク

俺が好きな炭酸水ベスト3

 ダイエット目的で、ジュースから炭酸水に切り替えて10年近くになるだろうか。
結果としてそれくらいのことでは痩せなかったが、ジュースはほとんど飲まなくなった。
その代わりに、気になった炭酸水は色々と飲んでいるので、好きな炭酸水ベスト3を紹介する。


第3位 ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ


 炭酸水は、とりあえずウィルキンソン買っておけばハズレは無い。なんなら2位もウィルキンソンだ。
こいつは、コーラ風味で、コカ・コーラよりは駄菓子屋のベビーコーラっぽい。
ジュースに近い感覚で飲めるので、炭酸水初心者にもオススメ。

第2位 ウィルキンソン タンサン クラッシュグレープフルーツ


  今は無くなってしまったけど、セブンイレブンのグレープフルーツの炭酸水が炭酸水にハマったきっかけ。
それからグレープフルーツのフレーバーはどれも大好き。グレープフルーツは定番のフレーバーなので、各メーカー出てはいるんだけど、やっぱりウィルキンソンが安定かな。

第1位 キリンレモン無糖


 正直、これがダントツ1位。キリンレモンを無糖にしたらこうなるだろうなと想像通りの味。美味すぎる。
個人的に、レモンの炭酸水が苦手で、ウィルキンソンですら飲まない。そんな俺でも圧倒的に美味いと思うのがこれ。
飲んだこと無い人は一度試してみてほしい。

 今回は、好きな炭酸水を紹介してみた。今後も自分の好きな物を発信していこうと思うので、暇な人は読んでもらえると嬉しい。ではまた。

スポンサーリンク

back number 最新曲、「ベルベットの詩」配信開始!

 このブログでは触れてなかったけど、全曲持っているくらいにはback numberのファンだ。
なので、たまにback numberの話もブログに書くかもしれない。
 前置きは置いておいて、本日よりback numberの最新曲、「ベルベットの詩」が配信開始された。
「黄色」以来11ヶ月ぶりの新曲で、映画アキラとあきらの主題歌となっている。
Amazonのプライム会員なら買わずに聞けるみたいなので、是非聞いてみてほしい。
 ただ、個人的には、配信でのリリースは聞きやすい反面悲しい部分もある。
というのも、CDでいうところのカップリング曲が配信では省かれるからだ。
個人的にカップリング曲は、あのA面の曲と比べて遊びを入れている感じが好きだ。
可能なら、配信でもカップリング曲を付けてほしい。
 それと、前回のアルバムが2019年3月に発売なので、そろそろ新しいアルバムを発売しても良い頃では無いだろうか。期待して待ちたいと思う。ではまた。



スポンサーリンク

プロフィール

いーづか

Author:いーづか
Galaxy Z Fold3がメイン機種のガジェオタです。
他媒体で情報収集したことをもとに、伝えたいことや感じたことを書いてます。
また、ガジェット以外でも、自分の好きなものや好きなことをまとめて書いたりもしています。
なお、本ブログで紹介している商品をリンクから購入される場合は、自己責任でお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR