FC2ブログ

聞こえるメガネ、Huawei Eyewear2を購入した話

 2024年一発目は、2023年マイベストバイガジェットを紹介したい。
Huawei Eyewear2だ。


この製品の特徴は、一見普通のメガネなんだけど、メガネのテンプルの部分にスピーカーが内蔵されているため、音楽を聴くことができる。
ジャンルで言うとオーディオグラスというもので、もちろんメガネに度を入れることもできる。
Huawei Eyewear2は、名前のとおり2世代目の製品で、前作と比べて連続再生時間が倍近く(11時間)になったことで、1日中使えるようになった。
また、OWNDAYSという全国どこの田舎にでもあるメガネ屋さんとコラボモデルを出しているので、万が一修理が必要な状況になってもサポートが気軽に受けられる。


今回は、発売日にHuawei Eyewear2を買って1ヶ月程度使って良かった点とイマイチな点をお伝えしたい。

良かった点

 購入して良かった点は多々あるので、箇条書きしていく。

  • いつでもどこでも音楽が聴ける
  • マイク音質も悪くないので、Web会議が快適
  • 耳を塞がないので閉塞感がなくて快適
  • マルチポイント対応なので、複数機器で使えて便利
  • バッテリーが1日余裕でもつ
  • Switchの携帯モードでゲームをする際に、耳元で音が鳴ることで臨場感が増す
  • PayPayの決済音がスマホ本体から鳴らない
  • 秒で電話に出られる

 この中でも、いつでもどこでも音楽が聴けるというのは、自分にとって革命的な出来事だった。
仕組みの説明は割愛するが、Huawei Eyewear2では音漏れがしにくい構造になっている。
よっぽど大きい音でない限り、周りに音楽を聴いていることがバレない。
つまり、仕事中であっても音楽が聴ける。これは、デスクワークの自分にとっては、最高という他ない。
また、いつでもどこでも音を鳴らせるため、マナーモードという概念を取り払うことができる。
職場でスマホが鳴らないように気を遣ってマナーモードにする必要がなくなったので、ストレスが軽減された。
気を遣うで言えば、例えば職場の昼休みにスマホで動画を見る場合、これまでイヤホンを装着して見ていたが、
この一手間がないので、気軽に見られるようになった。
その他、自分は自転車によく乗るんだけど、イヤホンと違って耳を塞がないので安全だし、風切り音も特に気にならないので良い。

イマイチな点

 イマイチな点は、2点ある。
 1つ目は、メガネで一番重要なフィッティングが細かくできないことだ。
テンプルにスピーカーが入っている構造上、側頭部に当たる部分、耳に当たる部分を曲げて合わせるということができないので、フィッティングが合わない場合に対策が取れない。
また、フレーム自体は軽いのだが、テンプルが太くなっており、それもメガネの内側に向かって太くなっている。
自分の場合は頭がデカいので、側頭部がテンプルで締め付けられるような感じになってしまい、慣れるまで頭痛がしたこともあった。
買うときは必ず、店舗でフィッティングを試して購入するのをオススメしたい。

 2つ目は、これはどうしようもないのだが、電車などのうるさいところには向かない。
うるさいところでは必然的に音量を上げざるをえないが、そうなるとさすがに周りにシャカシャカと聞こえてしまう。
なので、電車では今まで通りイヤホンを利用するのが良いだろう。

まとめ

 Eyewear2を買ってみて、これは正直、全メガネユーザーにオススメしたい商品だと思った。いつでもどこでも周りを気にすることなく、スマホから音を鳴らせるというのは、自分が思っているよりも便利で自由を得られるものだった。
SNSで購入者の感想を見ていると、スマホの通知を音声で受信したり、時報を流したり、常に音楽を流して自分の人生にBGMをつけると言われていた方もいたりして、人によって様々な使い方ができる。
この記事を読んだ方は、ぜひ視聴だけでもしてみてほしい。ではまた。

本ページは、アフィリエイトプログラムによる収益を得ています


スポンサーリンク

昔お世話になった商品の後継機が出た件

 コロナ禍になったことで、自分の身の回りで一番影響があったことと言えば、出張が無くなったことだ。
学会や会議がすべてWeb開催になってしまい、遠出することが無くなってしまった。
コロナ禍になる前は、数ヶ月に一度出張があったのだが、出張の時に重宝していたものがある。
それが、これだ。


最近では、ビジネスホテルにWi-Fiは当たり前だが、一昔前は有線LANしかなかった。
そんな時にこのちびファイを使うと、室内でWi-Fi環境が作れる。
まあ、簡単に言うと小型のWi-Fiルーターだ。
こいつの良いところは、本体とコンセントが一体となっている点で、他社の製品では電源を別に用意する必要があった。
それでいてコンパクトであったため、こいつと短いLANケーブルは出張時の必須アイテムだった。

 そんなちびファイの新商品「ちびファイ4」が発売された。


ちびファイ4は、前作のコンセプトは踏襲し、最大通信速度が上がっているようだ。
前述したが、今はどこのビジネスホテルでもWi-Fiは当たり前になっているため、利用する頻度は低いかもしれないが、価格も3,980円と高くないため、1つ持っていて損はないのではないだろうか。ではまた。
本ページは、アフィリエイトプログラムによる収益を得ています


スポンサーリンク

新型Kindleが発売される話

 新しいKindleが10月12日に発売される。
このニュースを見た時はついに来たか!と思ったのだが、残念ながら一番スペックの低い無印Kindleの新型(次世代モデル)だった。
おそらく、俺含めみんなが待ち望んでいるのは、一番スペックの高い新型のKindleOasisだと思う。
現行のKindleOasisは、3年前に発売が開始されたモデルで、未だにMicroUSBを搭載している。
この3年の間に、真ん中の性能のモデルのKindle Paperwhiteは世代が変わり、スペックが追いついてきている。
この状況の中でもまだ新型のKindleOasisを出さないのは、もしかすると高スペックのKindleを廃止するか、Oasisではない新モデルの高スペックKindle端末を開発中なのかもしれない。
 前置きはこれくらいにして、今回次世代となる無印Kindleの特徴、進化点を挙げていく。
まずは価格だが、広告ありモデルで10,980円と一番安い。が、Kindle Paperwhiteが広告ありモデルで14,980円なので、定価ではKindle Paperwhiteがオススメ。
ちなみに、広告ありモデルについて説明すると、電子ペーパーの特性上、スリープ時にも何かを表示させておく必要がある。この特性を逆手に取って、そこに広告が表示されるのが広告ありモデル。広告が表示される代わりに2,000円安くなっている。
 話を戻す。Kindle Paperwhiteの方がオススメと言ったが、あくまで定価ではだ。
Amazonのセールで無印Kindleがセールになることは多く、半額近くになるセールもある。
その時を狙って買うのであれば、無印Kindleを買う理由にはなる。
セールの時に買えというのが、無印Kindleの定説だ。
と、これまでの無印Kindleであれば、そう説明しておしまいだったのだが、新しい無印Kindleは違う。
新しい無印Kindleでは、一番の弱点であった画質の粗さを克服し、解像度を他のモデルと同様の300ppiとしてきた。
これにより、元々の無印Kindleの特徴であったシリーズの中で最もサイズが小さく軽いことが活きてくる。
小型Kindle端末を希望するユーザーには、定価でもオススメ出来るモデルへと進化したと言える。
個人的にも気になっているので、セールになったらすぐに飛びつきたいと思う。ではまた。

本ページは、アフィリエイトプログラムによる収益を得ています


スポンサーリンク

プロフィール

いーづか

Author:いーづか
Galaxy Z Fold5がメイン機種のガジェオタです。
他媒体で情報収集したことをもとに、伝えたいことや感じたことを書いてます。
また、ガジェット以外でも、自分の好きなものや好きなことをまとめて書いたりもしています。
なお、本ブログはAmazonや楽天、yahoo!のアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。ブログで紹介している商品をリンクから購入される場合は、自己責任でお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR